ダイビングは一度はやってみたいスポーツとして、根強い人気があります。
スキューバダイビングを始めるのには、まずCカードと呼ばれるライセンスを取得しなければいけないのがシュノーケルとは違うところです。
ダイビングライセンスを取得するコースは、南の島で受けることも、日本で受けることもできます。
スキューバダイビングの指導団体にはいくつかの団体があり、それぞれが組んだカリキュラムに沿って安全に潜れるようになるためのコースが行われます。
ダイビングライセンスを発行している指導団体にPADIという団体がありますが、マニュアルでしっかりと内容が決まっているのでクォリティの高い講習を受けることができます。
日本のダイビングスクールもPADIに所属しているダイビングショップが多いですね。
ダイビングショップを選ぶ時は、値段だけを見て決めるのではなく、電話をしたり実際に足を運んでなじみやすい雰囲気のお店を選んでください。
ダイビングスクールでは、様々なダイビングツアーの企画を用意しいるので、お友達もたくさんできてしまいます。
ダイビングを伊豆で楽しむのなら、1泊で出かけるのがお勧めです。温泉に入ったり、海鮮料理を楽しむこともできます。
そして、南の島へ潜りに行くのならやはり沖縄のダイビング。世界に誇るサンゴ礁とエメラルドグリーンの海にハマること間違いなしです。
もし、いきなりダイビングライセンスに挑戦するのは不安というのなら、体験ダイビングをしてみるのも良いかもしれません。
ダイビングを楽しむのにそれほど体力は必要ありません。最近は中高年でダイビングを楽しむ方も増えていますね。

スキューバダイビングをするためには、まずダイビングライセンスを取得することが必要ですが、正確にはライセンスではなくCカードといいます。
ダイビングライセンスを取得するのは、最初に学科講習、そしてプール講習、最後に海洋実習という流れです。
スキューバダイビングのライセンスコースは、指導団体が定めた安全に潜れるようになるためのカリキュラムに沿って行われます。
ダイビングライセンスの中でも、世界で一番流通しているのはPADIという団体が発行しているもので、どこに行っても通用します。
日本でもPADIに所属しているダイビングスクールが一番いので、あなたの自宅近くにもPADIダイビングショップがあるかもしれません。
ダイビングショップを選ぶ時は、値段だけを見て決めるのではなく、電話をしたり実際に足を運んでなじみやすい雰囲気のお店を選んでください。
実は、一人でダイビングを始める人が多いのですが、ショップが主催するダイビングツアーに参加すると同じ趣味の友達がたくさんできてしまいます。
神奈川や東京のダイビングスクールで多いのは、やはり伊豆のダイビング。日帰りでも行けるのが魅力です。
そして、伊豆のダイビングでスキルアップしたら、いよいよ沖縄ダイビングデビューです。エメラルドグリーンの海が待っています。
もし、ダイビングに興味はあるけどいきなりのライセンスは不安というのなら、体験ダイビングでお試しというのも良いかもしれません。
中高年向けのダイビングコースを開催しているスクールもありますから、ダイビングは若い人のスポーツなんて言わずに誰にでも挑戦して欲しいですね。