ダイビングをしているお友達って、実はけっこう周りにいませんか?
スキューバダイングをするのには、まずCカードといわれるダイビングライセンスを取得することが必要です。
ダイビングライセンス取得は、南の島に旅行に行ったついでにコースを受講する人も多いですね。
スキューバダイビングの指導団体が定めたカリキュラムを終了するとライセンスが発行されます。
PADIというのも、ダイビングライセンスを発行している指導団体のひとつですが、本部はアメリカのカリフォルニアにあります。
日本のダイビングスクールもPADIに所属しているダイビングショップが多いですね。
ダイビングショップを選ぶ時は、値段だけを見て決めるのではなく、電話をしたり実際に足を運んでなじみやすい雰囲気のお店を選んでください。
ショップ主催のダイビングツアーに参加していると仲間がすぐにできますし、彼氏や彼女を見つけてしまうこともめずらしくありません。
神奈川や東京のダイビングスクールなら、伊豆のダイビングポイントに行くツアー多いでしょう。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
いきなりダイビングライセンスはちょっと不安・・・というのなら、体験ダイビングに挑戦してぜひ一度海の中をのぞいてください。
最近は中高年でダイビングを楽しんでいる方も多くなりました。70代のダイバーなんて、めずらしくないんですよ!

ダイビングをしているお友達って、実はけっこう周りにいませんか?
スキューバダイビングをするのには、ライセンス(Cカード)を提示しなければなりません。
ダイビングライセンス取得は、南の島に旅行に行ったついでにコースを受講する人も多いですね。
スキューバダイビングのライセンスを発行する団体は、実はひとつだけではなく、いくつかあります。
世界のどこでも通用するダイビングライセンスとして、PADIのライセンスがあります。世界中のダイバーの6割ほどがPADIのCカードを持っているのです。
PADIのダイビングスクールなら、学科、プール、海洋実習をそれぞれ別のショップで受けることも可能です。
ダイビングを楽しく続ける為には、自分に合ったダイビングスクールを選ぶことがポイントです。その為にも実際に足を運んでチェックするのが一番ですね。
ダイバーになったら、いよいよダイビングツアーに参加しましょう。同じ趣味の仲間がたくさん増えるのも楽しみのひとつです。
伊豆のダイビングポイントは、東京や神奈川のダイビングスクールからでも日帰りで行けるだけでなく、沈船なども楽しめてしまいます。
そして伊豆のダイビングである程度自信がついたら、ぜひ沖縄ダイビングデビュー。世界屈指のサンゴ礁があなたを迎えてくれます。
時々何度も体験ダイビングをしている人がいますが、やはり認定ダイバーになると楽しみの幅がちがいます。
ダイビングは若い人だけのスポーツなんていうのは昔のこと。最近は中高年のダイバーがどんどん増えています。