「ダイビングをしてみたいな・・・って4年前から思ってました。」なんていう人がよくいます。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にcertification(認定)カードの略でCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンスを取得するコースを南の島へ旅行に行ったときに受ける人もいますし、近場の海で受ける人もいます。
スキューバダイビングの指導団体に所属するインストラクターが提供するコースを無事に終了するとダイバーとして認定されます。
ダイビングの指導団体のひとつにPADIというのがありますが、世界中のダイバーの約6割はPADIのライセンスを持っているのです。
日本のダイビングスクールもPADIに所属しているダイビングショップが多いですね。
せっかくダイビングを始めるのなら、自分に合ったダイビングスクールを選びたいですね。値段だけでなく、気が合うスタッフがいることが大切です。
もしあなたがひとりでダイビングを始めても大丈夫。ショップ主催のダイビングツアーに参加しているとすぐに仲間が増えるからです。
神奈川や東京のダイビングスクールで多いのは、やはり伊豆のダイビング。日帰りでも行けるのが魅力です。
そして伊豆のダイビングである程度自信がついたら、ぜひ沖縄ダイビングデビュー。世界屈指のサンゴ礁があなたを迎えてくれます。
体験ダイビングをするのももちろん良いですが、やはりライセンスを取得すると自由に泳ぎまわれるようになります。
最近では中高年でダイビングを始める方も多くなりました。実際、海外では50~60代のダイバーなんて普通らしいです。

スキューバダイビングを始めるのには、まずCカードと呼ばれるライセンスを取得しなければいけないのがシュノーケルとは違うところです。
ダイビングライセンスを取得するのは、実はとっても簡単。最短で3日あれば取れてしまいます。
スキューバダイビングのライセンスは国家資格などではなく、民間の指導団体が安全に潜れる為のカリキュラムを組んでいます。
PADIという指導団体が発行しているCカードなら、世界中で一番多く発行されていますのでどこに潜りに行っても通用します。
ダイビングスクールも日本ではPADIのカリキュラムで指導しているショップが多いです。
ダイビングショップを選ぶ時は、値段だけを見て決めるのではなく、電話をしたり実際に足を運んでなじみやすい雰囲気のお店を選んでください。
実は、一人でダイビングを始める人が多いのですが、ショップが主催するダイビングツアーに参加すると同じ趣味の友達がたくさんできてしまいます。
東京や神奈川からは伊豆のダイビングツアーが多いですが、日帰りで潜りにいける場所がたくさんあるのが魅力ですね。
そして、南の島へ潜りに行くのならやはり沖縄のダイビング。世界に誇るサンゴ礁とエメラルドグリーンの海にハマること間違いなしです。
もし、あなたが泳ぐのが苦手なんて言うのなら、まずは体験ダイビングを試してみるのもひとつの方法かもしれません。
最近では中高年でダイビングを始める方も多くなりました。実際、海外では50~60代のダイバーなんて普通らしいです。